なぜ竹バット?

竹バット

竹バットとは

定期サイズの竹板を貼り合わせて角材をつくり、その角材をバットの形状に削って作られた合竹バットです。
特徴は堅くて折れにくいこと、またボールを打つ際にバットの芯を外すと振動が起き、手がしびれます。甲子園出場の常連校はもちろん、殆どの高校、大学、社会人の野球部では練習に竹バットを取り入れています。最近では中学生のチームでも徐々に練習へ取り入れられる指導者の方も増えてきています。
また、木製バットに比べ竹バットは折れにくいため経済的です。

バッティングの基本はボールを"芯"でとらえること

ボールを打った木製バットには、くっきりとボールの跡が残ります。その跡を見ればバッティングの技術が一目瞭然。
プロ野球選手の使ったバットを見ると、ほぼ全てのボールをバットの芯でとらえていることが分かります。 木製バットの芯は約5cm……わずか数ミリのズレが、ヒットになるかアウトになるかの明暗を分けています。

強い打球を打つために

強い打球を打つためには、リスト(手首)を使ってヘッドを早いスピードで振り抜くことが大切です。
グリップエンドに小指をかけて打つプロ野球選手をよく見かけますが、これもヘッドをの返しを素早く行う為に試行錯誤した結果といえると思います。同じ重さ、同じ長さの金属バットと木製バットでは、木製バットの方が重く感じます。
金属バットは、バランスが非常によく設計されているため、同じ重さ、同じ長さでも木製バットより約50gほど軽く感じると言われ、スイートスポットも広く、打球もよく飛ぶようになっています。
手首を使わなくても打ててしまう・・・金属バットのメリットでもありデメリットでもあるでしょう。

木製バットの芯と木製バットの重心

竹バット基礎トレーニングを始める時期



子供は非常に順応性があり経験した事、繰り返しやった事がすぐに体に身につきます。また、体が一度覚えてしまうと、しばらくブランクがあってもすぐに体が思い出します。良い癖同様に、悪い癖もなかなか抜けません。金属バットのスイングに慣れてしまった人は、その癖から抜け出すのに非常に長い時間を要します。鳴り物入りでプロへ入団した強打の高校生が、その後期待どおりの活躍できない場合がりますが、その理由のひとつに金属バットの打ち方から抜けだせないためという事があります。ですから、今すぐに竹バットでの練習を始めることをお薦めします。

ジュニア用バット

早ければ早いほど効果あり!

子供の身体的な成長時期や発達のスピードは様々で、ましてや個々の成長を予測することは大変難しいことです。10歳前後の年齢で、「バランス能力」の基礎がつくられ、中学生の12歳~の年代で「筋力」が充実するのが一般的な成長の段階と言われています。竹バットトレーニングは、身体の成長段階の小学生・中学生の時期に、個々の身体の成長に合わせた、長さ・重さのサイズの竹バットをバッティングトレーニングに取り入れ、力任せに打ったりするような、偏った悪い癖をつけさせず、将来のバッティング技術向上に役立つ「正しいフォーム」を身に付けることを目的としています。

バッティング技術が格段に伸びる!

ボールをバットの芯で捉えられるようになる

竹バットの“芯を外すと手がシビれる"特徴により、バットの芯で打つ感覚やバットの芯を意識したバッティング技術を習得することができます。また体のサイズに合わせたバットを使うことにより、バットコントロールの向上も合わせて期待出来ます。

正しいフォームが身に付く

ヘッドの重みも竹バットの特徴の一つです。日々の練習でヘッドの重みを利用したスイングを繰り返すことで、バットスイングの正しいフォームを自然に身に付けることができます。

スイングスピードが速くなる

金属バットよりもバットのヘッドが重い竹バットで練習を繰り返すことで、スイングスピードの向上が期待できます。さらに、スイングスピードが速くなることにより、より強い打球を打つことが出来るようになります。

有名プロ野球選手も使っていた

元プロ野球選手の長嶋茂雄さんも、子供の頃から竹バットを使ったトレーニングを続けていた事(wikipediaより)はもとより、甲子園常連校もトレーニングや練習で竹バットを使用するなど、竹バットを少年期から取り入れることは最早常識となっています。将来、プロ野球選手を目指すなら、少年時代から竹バットを使ったトレーニングを行い、他の選手より一歩先の技術を早いうちから身に付けておくのがおすすめです。

『身体に合ったサイズのバットを選ぶ事が伸びるポイント』

発達と年齢について

〈選べる12サイズ〉

子供の身体に合ったトレーニングバットを選ぶことが重要です。バットが、長すぎたり重すぎると、肘や、腰や膝の故障につながってしまいます。身体に合ったバットとは、自然にスウィングできるバットサイズのことで、身体に負担の無い状態でボールをバットの芯で捉えるトレーニングをする事がバッティング技術の向上に繋がります。

バットサイズの選び方&目安

ボールパークドットコムの竹バット



“重すぎるバットを振りすぎると「腰椎分離症」になってしまう。”

近年では「打撃技術の向上」の為にあらゆる効果が期待できる様々な種類のトレーニングバットが開発されています。
それらのバットを目的や用途に合わせて練習するのは非常に効率がいいでしょう。しかし「筋力up目的やスイングスピードを速くする為に」と成長期の子供に大人用の重いバットを振らせるのには注意が必要です。
子供の成長の差は人によって多少のばらつきがありますが、一般的には小学生~中学生の間は身体に見合った筋力が身についていないことが多いと言われており、その為自分の身体に合っていない重いバットを振り続けると必ず身体に負担が生じて怪我に繋がります。
実際に中学生の名門ボーイズチームに入部してくる子供の中には、身体が出来上がっていない状態で重すぎるバットを振りすぎて「腰椎分離症」になっている選手が増えてきていると報告されています。そうなる前にまずは自分の身体に合うサイズのバットを探すことから始めましょう。

バットサイズの計測方法

図のようにバットのグリップを胸に当て、手を伸ばしてバットの先端が指にかかるように適性のサイズを計測することも可能です。前述の身長・体重別のサイズ目安表と併せて自分の身体に合ったバットのサイズを探しましょう。

リアルグリップを採用

リアルグリップ

金属バットと同様の細身のグリップ

JB竹バットは金属バットのグリップ感を限りなくリアルに再現し、練習・本番ともに違和感なく使用できます。
リストターンを指先で感じることができ、リスト強化トレーニングにも最適。
ヘッドの抜けや返しの感覚を指先で感じることができリスト強化にも最適です。

2024年から「低反発金属バット世代」始まる‼

高校野球が2024年から飛ばないバットルールを採用

高校野球では2024年から現行の金属バットと比べて、「飛ばない」“低反発バット”の導入が決定しました。
現在はルールが施工される2024年春までの期間を移行期間として現行の金属バットと低反発バットの両方の使用が認められておりますが2024年選抜からは完全移行となり、平成18年4月以降に生まれた現高校1年生より下の世代が“低反発バット世代”の対象になります。
低反発バットを試験的に使用したチームからは「木製バットよりも飛ばない感覚がある」といった声も多く、これまでの金属バットでは芯を外されても力で押し込めば内野の頭を超えるヒットになっていた打球が、低反発バットになると簡単に凡打となってしまうこともあるでしょう。新ルール適応後の低反発バットではこれまでより芯で捉える技術が要求されるようになります。



「JBトレーニング竹バット」での練習が低反発バット攻略のカギを握る

 

JB竹バットを使うことで低反発バット完全移行に向けた準備と将来高いレベルで野球をする為に必要な木製バットの使い方を身につけることができます。

芯(スィートスポット)が狭く設計された「JB竹バット」は芯を外すと打球が飛びにくく、狭い芯で球を捉える練習が出来るので、芯で捉えないと飛ばない“低反発バット”への有効な対策になります。

一部のチームでは試合用のバットとして「木製バット」の導入も検討されていることからも出来るだけ早い段階で竹バットを使って木製バットの扱いに慣れておいた方が得策でしょう。

今から竹バットを使った“低反発バット対策”を始めよう!!

「JBトレーニング竹バット」はこちら


低反発金属バット対策はJBトレーニング竹バットがおすすめ!
金属バットとの経済面の差は?

「JBトレーニング竹バット」は金属バットと比べて経済的‼

竹バットは硬くて折れにくいのが最大の特徴です。 耐久性に優れているので折れるのを気にせず練習でガンガン使用することができ、正しいバットの使い方をしていれば2年以上の使用も可能です。また「折れにくい」だけではなく、金属バットやメイプルやバーチ、ホワイトアッシュといった試合用の木製バットに比べて1本あたりの値段も安いため、経済的でお財布に優しいのが特徴です。 もしもボールの当たり所が悪くてバットが折れてしまったとしても、1本6,000円~7,000円で買い直すことができるので安心ですね。

竹バット(*木製バット)は、こんな感じ!

  1. 金属バットと同じ重量のバットでもヘッドに重心がある為、若干重く感じる。
    (*ヘッドが重いため)
  2. インパクトの瞬間が、金属より長く感じる。
    (*インパクトの瞬間に、バットにボールが乗った感覚がある。いわゆる「乗せる」「押し込む」感覚が、木製バット=竹バットの特性。)
  3. ヘッドが重い分、バットの芯でボールを捕えない限りヘッドが振り抜きづらい。
    (*芯に当たらないとボールが飛ばない)
  4. インパクトの瞬間からの振り抜きに技術を要する。
    (*インパクトの瞬間、バットがしなる感覚を覚えるため、インパクト後に、ヘッドを前方に振り抜く意識が必要。理にかなったスウィングであれば、ヘッドが重い分、バットの重みで=ヘッドの重みによりボールを遠くに飛ばせ、またより強い打球を打つことが出来る。)
  5. バットのミートポイントが、金属バットよりヘッド気味。
    (*木製バットの構造上の特性)
  6. トスバッティングでも、ボールをバットの芯で捕えているか外しているかがわかる。
    (*振動でわかる)
  7. スピードボールであれば、詰まりや先端にあたった場合に、手に強い振動が来る。
    (*手がしびれる)
  8. 消音性に優れ、日夜の練習が可能。

竹バット豆知識

竹バット/木製バット豆知識

◎松井○喜選手は、巨人入団時に使い込んだ「竹バット」を持ち込んだ。

◎長嶋茂○さんは、小学校4年生から野球をはじめ、最初から「竹バット」を使っていた。

◎甲子園常連校は、ほとんど「竹バット」でのバッティング練習を取り入れている。

◎竹バットは少年野球・中学野球・高校野球・大学野球・社会人野球での使用が公認野球規則で認められている。

◎バットの重量が全く同じでも、グリップを握ったとき木製バットの方が金属バットより少し重く感じる。

◎一部を除く大学、硬式社会人、プロ野球、オリンピックなどの世界大会では、木製バットのみ使用を許可されている。

◎竹バットも打ち方次第で折れることがあり、また保管方法等で寿命も変わる消耗品です。

竹バットって試合で使えるの?

竹バットは少年野球(硬式/軟式)・中学野球・高校野球・大学野球・社会人野球での使用が公認野球規則で認められております。JSBB=全日本軟式野球連盟の公式試合では、金属バットはJSBBの公認マークシールが入っていないと使用不可ですが、竹バット(木製バット)は、JSBBマークが入ってなくても使用できます。

竹バットってどんなバット?

定期サイズの竹板を貼り合わせ角材をつくり、その角材をバット形状に削って作られた合竹バットです。 特徴は、堅くて折れにくい事、またボールを打つ際に、バットの芯を外すと振動が起き、手がしびれます。昔から主に高校生を中心に打撃練習用バットとして愛用されている「木製バット」に分類されるバットです。