グラウンド整備用品|グラウンド整備・メンテナンスにイチオシ!【マジックメンテマット】

著者情報

和牛JBグラブ、和牛JBバット、JB竹バット、各種トレーニングバット、グラブトリートメント等、各種野球用品を製造販売する野球用品メーカー、【ボールパークドットコム】です。

弊社ではグラブやバットの製造・販売に留まらず、グラウンド整備用品の研究・開発にも取り組んでいます。グラウンド整備に関してご相談やお困りごとがございましたらぜひお気軽にお問合せください。

ボールパークドットコム

グラウンド整備に使われる牽引式の整備用品

グラウンドの使用状況や天候によって土が凸凹になったり、固くなったりした際に通常であればグラウンド整備用品(トンボ・ブラシ・ローラーなど)を使用して手作業で整備作業を行いますが、整備用品の中には車を使用した牽引式のものもあります。

今回はそんな牽引式のグランド装備用品についてご紹介します。

牽引式のグラウンド整備用品は、車両の後ろに取り付けて使用されるものです。車両が走った後の地面を掘り起こして均すことが可能で、短時間で広範囲のグラウンドを綺麗に整備することができます。

ちなみに、マットで一体型になっているものや、必要に応じてパーツを組み合わせることができるようなタイプもあります。車両は普通車でも軽自動車でも使用可能です。

整備されたグラウンド

牽引式のグラウンド整備の種類

広範囲のグラウンド整備に必須な牽引式用品ですが、実は「マット型」と「組み合わせ型」の2つのタイプがあります。それぞれの特徴を覚えておきましょう。

・マット型

マット型は、名前の通りマットのような形になっているもので、パーツが組み合わさって大きな一枚の用品になっています。種類によりますが、1連あたり20kgほどの重量があるものもあり、その重さでグラウンドを均すことができます。

サイズ拡張できるため、グラウンドの広さに合わせて自由に大きさを変えられるというメリットがあります。

・組み合わせ型

レーキとブラシが合わさったような組み合わせ型は、土を掘り起こす作業と平らに均すという異なる作業を同時に行えるため、作業効率を上げることが可能です。パーツを組み合わせているので、単体ごとで購入でき、メンテナンス性にも優れています。

牽引を使ったグラウンド整備の流れ

ここからは実際に牽引を行う際の流れについてご紹介していきます。

まず始めに、グラウンド全体の状況を把握する必要があります。どの部分が凹んでいるのか、水たまりができやすい箇所はないかなど、事前に確認してから作業をすることで、平らで統一した整備を行うことができます。

次にグラウンドの高さがある方から低い方へ丸く円を描きながら牽引していきます。完成まで何度か同じ工程で牽引を行う必要があります。

ちなみに牽引する際は、速度およそ5〜15km/hで走行して使用しましょう。

均す作業が完了したら、全体の土を押し固める作業に移ります。好みの硬さにできたら最後にグラウンド全体に水を撒くことで良い状態のグラウンドを長く維持することができます。

整備されたグラウンド

効率的にグラウンド整備をするなら「マジックメンテマット」がおすすめ

グラウンド整備は、試合をスムーズかつ、怪我なく行うために重要な作業で、野球をやっている人には必要不可欠な工程です。日々の練習の度にトンボをかける選手たちは大変ですが、自分たちの使用するグラウンドを自分たちの手で整備をするということが大事な部活動の一部になっています。

ただ、大掛かりで本格的なグラウンドメンテナンスも時には必要です。そこで最近、注目されているのが、ボールパークドットコムで販売している【マジックメンテマット】です。

本体中央部分に設けた2枚のレーキがより固く締まった地面を掘り起こすことができ、後尾に取り付けた網状マットが地面を平らに均してくれて、驚くほど綺麗に仕上がります。

グランド整備用マット マジックメンテマット ボールパークドットコム

「マジックメンテマットM3S」の商品詳細

【本体アングル】(掘り起こし用ダブルレーキ付)
・W2000 × D500mm / 重量36kg
【均し仕上げ用網状マット】(シャックル4個付)
・W2500 × D425mm / 重量28kg
【けん引用ワイヤー 4m × 1本】(フック1個、シャックル2個付)
【総重量】64kg

※宮崎県内は弊社で配達いたします。(土日祝可)
※宮崎県以外の都道府県は運送業者の配送となりますので、別途送料がかかります。
⇒地域により異なりますので別途お見積もりいたします。(5,000円~15,000円程度)
⇒宮崎県外配送は、運送業者の都合により平日お届け限定となりますので、予めご了承ください。

「マジックメンテマット」の商品はこちら
整備されたグラウンド

ボールパークドットコムとは?

ボールパークドットコムは、福岡ソフトバンクホークスとオリックス・バファローズのキャンプ本拠地、「アイビースタジアム」と「SOKKENスタジアム」のグラウンド管理を任されているプロの現場で活躍するメンバーがいます。グラウンド整備の仕上げはもちろん「プロ仕様」です。

プロ野球の球団だけではなく、中学校や高校、大学のグラウンド整備も、依頼があれば駆け付けます。もし、グラウンド整備でお困りの方は、ボールパークドットコムまでお気軽にご相談ください。


野球ボール

 

前の記事を読む